My Weblog: umraniye elektrikci uskuadar elektrikci usta elektrikci sisli elektrikci

logo image
contemporary sculpture
2001 | works

安楽と尊厳の椅子   Chair of comfort and the dignity


安楽と尊厳の椅子
2001
鉄、布、ガラス、ポリエステル樹脂
w2000mm h1950mm d1700mm

Chair of comfort and the dignity
2001
Iron, cloth, glass, polyester resin
w2000mm h1950mm d1700mm

 

 

 

 

 

 


死の椅子

現在は安楽死、尊厳死を選ぶ人は少ない。そして、それを選ぶ要因は、病苦によるものがほとんどだろう。

しかし、将来人工の臓器の量産がもしも可能になったら、それらは爆発的に増える、いや、それ以外の死亡の方法が無くなるのではないか?そんなことを私は考えました。

肉体と精神が本当に釣り合わなくなる前に、自ら安楽と尊厳を求めて、決定を下す。自らの葬儀に自ら招待状を書き、多くの人に見守られながら死を選ぶ。そんな死が当たり前の時代。

そうしなければ死ぬことができない。自殺という概念が根本から変化するそんな時代。

意志を持たない限り永遠に肉体が存続する。そこに安楽と尊厳はあるのか?

Comments are closed.