logo image
yoshida akira works diary

木材と塗装

今日の午前中はホームセンターへ。エビ子供作品の箱用木材を買い、カットも頼む。

カット数が多く、4時間くらいみてくれとの事なので明日ピックアップする事にして、suanaに戻る。

この前作っておいたマスキングを使って塗装。

吹いた後、マスキングを剥がしているの図。

剥がし終えた図。チョコ色と金は相性が良いと思う。金にも微妙にグラデーションをいれてみた。

修正とサフ

今日はアトリエで制作。

エビ子供の細かな部分を仕上げていく。大きなラインの部分はだいたい仕上がってきてる。細部の凹んだ部分などがまだ仕上がりきらない。

ペーパーの番手を上げながら、地道に研いでいく。今日は顔を外して作業。

研ぎと部分にサフを繰り返し、ラストでサフを薄めにして少しツヤが出るように全体に吹いた。

もうちょいがまだ続く。

マスキングを進める

今日は少し、ほんの少しだけ時間があったのでマスキングの不要部分の除去を進める。

このマスキングはだいたいOK。

メルトダルマに文字を

今日の制作はsuanaにて。

まずはこの前吹いた文様をペーパーがけ。これをやるとエッジのケバだちが滑らかになる。ただ、やりすぎると塗膜まで削ってしまうのであくまでかるーく。

その後、この前データを作っていたマスキングをカットして、不要部分の除去。これが細かくて結構手こずる。出来たマスキングを曲面に貼り付け、微調整。マスカーで覆い、シルバー、軽いゴールド、濃いめのゴールドと吹き重ねる。

吹いたらマスキングをはずしていく。これもかなり神経使う。デザインナイフとピンセットで。

マスキングを外し終わって完了。

この後電車に乗ったら携帯を落とした。何度カバン探しても無いし、かけると鳴るけど誰も出ず。いろいろ調べたら、24時までやってるJRの遺失物センターがあるらしく公衆電話からかけてみたら、東京駅にて保護された模様。これから迎えにいってくる。あって良かった。

昨日は少しだけデータすすめた

昨日は午前中に少し時間がとれたので、パソコン作業。

メルトダルマチョコ色に吹く模様のマスキング用データ作成、とエビ子供作品の箱の図面を作成。

箱は塗装が始まると保護、乾燥時のゴミよけの為に必要になるので、そろそろ準備。

エビヒゲを固定

エビのヒゲラインが整ってきたので、本体に固定。取り外し式にしようかとも考えたんだけど、一体式の方が何かと良いので固定することに。

ステンレスのアンカーを埋め込んで、簡易治具を作り、角度など調整。

固定。

顔面をつけて確認。

チョコ色のメルトダルマ 柄いれ

今日はsuanaにて、メルトダルマに柄を吹いていった。

かなり複雑なマスキングを曲面に馴染ませながら慎重に貼り付け。

曲面にハマりきらなかった部分はカッターで切れ目を入れながら微調整する。

周辺をビニールマスカーで覆う。その後シルバーから吹いていく。

シルバーの上から明るめの金、濃いめの金とグラデーションをつけながら吹く。

すべてのマスキングを慎重に外して、マスキングのエッジにできた立ち上がりを落としてからクリアで保護。

その後次の柄のマスキングの下ごしらえをして今日は終了。

ヒゲのライン

ヒゲ部品を一度外して、木の治具に固定。サフを厚く吹いていく。

このあと凹みを赤ペンで探してそこにパテ盛り。

ラインが整ってきた。

制作してたら、毎年巣をつくりに来るツバメの巣がカラスに襲われてた。磨りガラス越しになんか凄い音がして、羽毛がバラバラ降ってきて、黒い影が見えた。あっと思って窓あけたらカラスは逃げてった。見てたらカラスの五分の一くらいの大きさの鳥がカラスを追い回してた。親鳥が怒って追ってたんだな。その後もヒナの鳴き声は聞こえたから、ある程度無事だったみたい。

この奥に巣がある模様。

エビ子供のヒゲを

エビ子供作品に手を入れる。

今日はヒゲパーツのテーパーを整える。パテ埋め、サフを繰り返す。
画像ではヒゲ部は写ってないけど。もうちょいで着色に入れそう。

ガツンとクリア

メルトダルマをsuanaからアトリエに運んでクリアをガツンと吹く。

大きなというか、通常の口径のガンで塗料をたくさん吹く作業はアトリエでやっている。コンプレッサーとか、換気とかいろんな関係で。

吹いて箱に入れ乾燥。

少しアトリエのかたずけ。次は磨き。