logo image
yoshida akira works diary

ダルマの金縁

やはり眉毛は気になる。もう少し幼いイメージにしたい。

クリアは吹かずに少し寝かせよう。クリアを吹かなければ、シンナーで消せるから。

な訳で少し子供マスクから離れてメルトダルマへ。

目の周りの金縁を吹きそびれていた。

吹いてみた。これで良し。

眉毛

前回は眉なし状態だったので、パソコン上で試行錯誤の上、眉毛をマスキング、吹きまでやってみた。

ちょっとキリッとしすぎかも。

目を吹いてみる

眼球内を苦心してマスキング。かなり入り組んでいるのと球面なのでマスキングが困難を極める。
でまあ吹いてみた。

白目と黒目の境を柔らかくしたが、ちょっと馴染みすぎた。あとで修正だね。大変だけど。

 

目を貼ってみる カラーベースを吹いてみる

判断しづらいのでプリントアウトした目を切り抜いて貼ってみる。
これで少しわかりやすくなった。眉毛ないけど。

なので眉毛を描いてみる。

睫毛も描いてみる。ちょっとクドい。

まあ行けそうな感じが確認できたので、suanaに移動。カラーベースを吹いてみる。

ホワイトから、肌色、軽く口周りにピンクを入れてみる。

とりあえずここまではサクサク進んでいるな。

サフで整える

サーフェイサーを吹きつつさらに整えていく。

目とかないと無表情で怖い。なんかうまくいっているのか判断しづらい。

 

粘土掻き出し、FRPへ

サクッと掻き出し。ある程度掘ったら、メリッと取れた。

そのまま水離型でFRPに。

さらに間髪入れずに割り出し。

全体にペーパーがけ。

 

新しい作品用の顔面

ちょっと新しい作品を作ってみようと思い、小さな顔面を作ってみる。
パソコンでなんとなくの下絵を作り、それを元に粘土原型を作成。

すかさず石膏どり。

 

メルトだるまにクリアを

塗装ブース(suanaと名付けた)でエアブラシによる模様塗装を進めていたメルトだるま。

文様は完成し、サインも入れたので、最終のクリアをガッチリ分厚く吹いて模様を保護する。クリアはエアブラシではなくLPH-101という低圧中型ガンで吹くので、sunanaからアトリエに作品を移動。sunanaではコンプレッサーの出力と換気等の関係でエアブラシとLPH-50クラスの低圧小型タイプのガンまでしか吹けないのです。

で、吹いてツヤを確認。

吹いて厚みを作って、ペーパーで模様の段差を研ぎ落として、再びクリアを吹く。これを納得いくまで繰り返す。

模様のキラリと蛍光灯反射のキラリ。磨き前だがいい感じ。

まあまあなフラット感になってきた。大体段差も消せた。あと一層吹くかどうか。あとは研ぎあげ、ポリッシャー工程が残る。

いろいろトラブルの日

メルトダルマにいろいろと家紋柄を吹いて、その上からスターバーストを吹いていく。

なんだけどトラブル発生。以前も起こった剥離。クリアを吹いたら少しちぢれができて、微妙だなと思いつつ、なんとか抑え込んでいたんだけど、やっぱりダメでした。スターバーストのマスキングを剥がすときに、バリッといきました。本来は金銀のグラデーションの部分が剥がれて、下地の銀が出ちゃった。画像はそこから丁寧にマスキングのエッジまで均一に剥がしたところ。かなり神経を使う作業。

で、再度必要部分にだけマスキングして、金銀のグラデーションを吹くぞと思ったら、なんかコンプレッサーの調子が悪い。エアが一定圧まで上がらず、圧力スイッチがoffにならない。前にヒューズも切れたし怪しい、怪しい。

塗装を中断して開けてみる。二重箱の防音ボックスに入れてあるのでネジ外して蓋を外す。熱い。ちょっと熱すぎる。で、コンプレッサーから出るホースからエア漏れ発見。

エア漏れが出て、そのせいでタンク内が規定圧まで上げられず、それにより圧力開閉スイッチが開のままで閉じられず、モーターが連続運転になってた模様。その連続運転の熱でまたホースが傷んでと負の連鎖状態だったぽい。

なので、ホースを少し強そうなのに交換。あと設定圧力を下げて再設定。とりあえずしばらく様子を見てみる。これでもまた漏れが出るようならシリコンのブレードホースに交換しよう。シリコンのブレードなら耐熱が150度以上だから、まず問題ないはず。

しかしコンプレッサー本体は頑丈だ。古い機種だけど、24時間連続運転可能で小型ガンなら吹ける吐き出し量がある。イエロー4という機種と同等で、そのOEM元の扶桑精機が出したバージョンだと思われる。オリンポスの4004型(これも製造はおそらく扶桑精機)のモーター強化(出力2倍)、安全弁省略版らしい。いろいろ調べたけど古すぎてキチンとした資料は出てこなかった。こいつにエアサス用のタンクをつないで、サギノミヤの圧力開閉スイッチをかまして塗装ブース用の小型静音コンプレッサーにしてある。

なんとかコンプレッサーを復活させて、再塗装。うん、言われてもわからないレベルで補修できた。慎重にクリアを吹いて完了。

メルトだるまに家紋ほかを吹く

メルトだるま。全体に柄を増やしていく。金銀のグラデーション、金単色になるところを使い分けて吹いていく。

キラリみたいな模様も入れていみる。日本の家紋系の柄を多く使ってみた。

うしろ。

溶け側。

わりとスムーズに進んだ。