logo image
yoshida akira works diary
犬張り子

雌型を新調

小さな犬張り子の雌型がだいぶ傷んできた。

かなり長く使っているし、そろそろ新調しようと思う。

新しいマスターを作りはじめた。完成している雄型からシッポを切り出して、型取りしやすい形にする。

新しい作品を進める

新しく中型の犬張り子を制作。

小と中を進めてみる。

あと、新しいホログラムパウダーをテストしてみた。扱いが難しい。

ライラックカラーの張り子の塗装

今日はライラックカラーの張り子の塗装を進めた。

この前、新宿駅から大久保駅、新大久保駅を通って高田馬場まで歩いて街のタギングを探した。

今日はその時に見つけたタギングを模様のベースにして塗装をしてみた。

治具を作った

今まで犬張り子を磨く時に、片手で作品をおさえて、片手でポリッシャーをかけていた。

なかなかしんどいのと、小さなキズは光に当てないと見えないので、治具が欲しかった。

一度2×4材で作ったんだけど、角度替えが面倒で、三脚の自由雲台を使って作り直した。

たぶんいい感じ。

作品の撮影

昨夜は写真家の田中太郎くんに、ここ1年くらいで制作した作品を撮影してもらった。

撮影した画像は、いま制作している作品集に使用する予定。

現像が楽しみ。

銀の犬張り子の塗装

銀の犬張り子にネオンっぽいペイントを加えた。

テストピースを沢山作って、色と柄を絞り込んだ。なかなか難しい。

銀の犬張り子にスカルをペイント

今日はエアブラシでスカルをペイント。
マスキングを剥がしながらペイントしていく。

iwataのカスタムマイクロンを久しぶりに使った。

塗装のプラン

紙だしした絵柄を組み合わせて、塗装をプランを練る。

大きな張り子のシルバー完了

今日は大きな犬張り子の塗装をチェックした。

合計6層のシルバーを吹いて、クリアでコートしているので、良い状態だった。

suanaでの柄塗装に入るので、回転昇降作業台をアトリエからsuanaに運んだ。

油圧の昇降作業台と等身人体用の塑造用回転器を組み合わせているので、重さがハンパない。

1人で車に積み込める重さを超えている。

犬張り子の磨き

昨日は小さな白い犬張り子をポリッシャーで磨いた。

3台のポリッシャーを使って、磨き上げた。