logo image
yoshida akira works diary

いちごを吹きはじめる

髑髏を吹き終えたので、今度はいちごを吹きはじめる。

まずは髑髏の歯周りにマスキングをする。その上からいちごのアウトラインをマスキング。そして、一度いちごのゴマ?をマスキングを使って吹く。画像はゴマのみ吹いた図。まだ訳がわかりません。

ゴマの位置を頼りに、いちごの凹凸、ハイライトを残しながら赤を吹いていく。絵を描く場合、普通は全体感を見ながら部分的にならないように進めるが、今回は特徴が出る部分から思いっきり部分的に進めていく。

ゴマの周辺の赤ラインは細いので、気をつかう。ゴマ周辺を丹念に攻めていく地道な作業が続く。

髑髏に引き続き、ミスをしないよう、じっくり進めていく。薄い状態で関係を整えて、それからちょっとづつ濃くしていく。

ハイライトが入る右上はだいたいやっつけた。もう少し濃くしたり、黄色味を足したりとかはあるけど。

昨日はここまで。

髑髏が完成

後頭部、こめかみ、下顎あたりに手を入れて髑髏が完成。アウトラインのマスキングを剥がした。

マスキングを剥がして、アウトラインが乱れたところを整えて、クリアを吹いてコート。

その後、苺のゴマ?部のマスキングを作成すると云うとんでもなく地味な作業を行い終了。髑髏部クリアの硬化がすんだら、一度髑髏をマスキングして苺に入れそう。

エアブラシのパーツ入れ替え

注文していたパーツが届いたので、パーツを入れ替える。

最近の細吹き作業でメインにしているのが、このカスタムマイクロン cm-b。今は二代目が出てるけど、これは初代。

初代と二代目では押しボタン、ニードルパッキン、ニードルチャック、ニードルアジャストネジにニードルキャップが取り付けられるなどの変更点がある。

で取り寄せたのがニードルパッキン付きネジ。初代はニードルパッキンがゴム製oリングで耐溶剤性が弱い。初代でもcm-cpはテフロンパッキンなので、bとsbは口径も細く、溶剤系の塗装には使わないだろうというメーカー判断なのかもしれない。ゴム製oリングだと、シンナーを吸って膨らんでくるので、テンションを調整してもしばらく使っているとニードルの引きが固くなる。

旧パーツを外して、新パーツを取り付ける。ついでにあちこちグリスもつけておく。

新バージョンのcm-b2も欲しいところなんだけど、自分の調べではノズル、ノズルベース、ノズルキャップ等のいわゆる吹きに関わるパーツは共通ぽい(オリンポスmp-200の三つ穴タイプに近い)ので、塗装性能自体は変化が無さそう。

ニードルキャップは元のクラウン型からクチバシ型に改造しているので、ほとんど外すことが無い。なのでニードルアジャスターにニードルキャップが付く機能もそこまで惹かれない。クチバシ型はニードル先の保護は弱まるけど、うがいが楽なのと、吹いている時、常にニードル先端が見えるので、気に入っている。ハンザとかはこの形だね。

cm-bはカップ形状が特殊なので、カップフタがない。水性とかだと揮発が遅いから良いんだけど、ウレタン系で使うとやはりフタは欲しいところ。フタないとこぼしちゃうし。なので見た目は微妙感があるけど、ゴムのネジ頭キャップに穴空け改造してフタにしてる。

押しボタンはcm-bのオリジナルは王冠型と云うのか段々になったタイプ。あんまり自分にはフィットしないので、hp-bp系のボタンに替え、出っ張りを削り落としてフラットにして使っている。人差し指の平で押してしまうので、出っ張りがあると指が凹んで痛い。ちなみにcm-b2は少し背の高いタイプでボタン面はフラットに近い。自分は何となくボタンは低い方が好き。

同じく指痛対策として、バルブスプリングもかなり弱いものに交換してある。エア圧無しのhp-bpでバルブ開荷重がだいたい300g、cm-bで160gくらいなんだけど、ボタンを押して自力で戻るギリギリの荷重70〜80gにしてある。ギリギリなのでメンテを怠るとキチンと動かなくなる。

この辺の改造はZsoltさんの研究を参考にさせてもらってます。エアブラシをレントゲン撮ったり、半割にしたり、ニードルの顕微鏡写真撮ったりと、かなりきてる。

なんとなく、cm-b2を買わない理由を書いた感があるけど、色替え的にもう一本必要になったら、たぶん買い足すと思う。改造はしちゃうけど。細吹ではやはり現行エアブラシの中で最高性能と思われるので。

今日も髑髏

本日も引き続き髑髏を吹く。ほぼ一日吹きっぱなし。コンプレッサー熱々。

細吹き用にかなり薄めた黒で吹いているので、濃いところは時間がかかってしまう。薄黒と濃黒でエアブラシを2本セットしても良かったかも。終わってから気づく。

あと、こめかみ周りと後頭部周りをやったら、一度クリアでコートして苺にいってみようかと思う。

髑髏を吹く

意を決して、髑髏を吹き始める。決する程の事でもないのだが。

まず、マスキングを使って輪郭を吹く。アウトライン、眼窩、頬骨、歯、ヒビに細い最低限のラインを入れる。

そこからはフリーハンド。いつもよりもフリーハンドでやる仕事の比重を増やしてみた。

少しづつ進めていく。あまり修正を入れたく無いので、塗料薄め、時間ジックリ目で進める。

頬骨、歯周りは感じが出てきた。

梅柄入りの雲を吹く

少し時間がとれたので、梅柄の雲を赤色の部分に吹いた。

はじめは白吹いて、その後ピンクかなと考えていた。だが、よくよく考えると赤色ベースに軽く白を吹いてピンクが作れることに気づく。

まずは雲の白部を吹く。そして梅の花部分のマスキングを剥がす。

剥がした赤色に白をうすーく吹いてピンクにする。

全てのマスキングを剥がし、吹き漏れなどキレイにしてからクリア。

少しだけ進んだ。

エビに彩色

どこから塗っていこうか迷う。赤を吹いた流れでエビ部を進めることにする。

クリアの乾燥時についたホコリなどをペーパーで削り落とす。何箇所かクリアが微妙にタレかけた箇所が出た。まだ低粘度クリアは慣れてないな。入り組んだ部分にザラつきが出ないように、かなりリターダーをいれているのも原因かも。この辺は加減が難しい。

赤が少しだけ漏れだした箇所もあったので、はみ出た赤をデザインナイフで削り落として下地の白を出してエッジを整える。

そんな前工程のフォロー作業が一段落した所で、目の黒を吹く。エッジをマスキングで出すか、フリーでやるか迷ったが今回はフリーで。マスキング工程が無いので早いが、代わりに周辺部に黒が付いた。それを綿棒にシンナーをつけて拭き取り、更に細い口径のエアブラシで白から徐々に赤を足していきながら潰していく。

白から赤のグラデーションを吹くついでで、エビの全体にも白で軽く模様を吹いていく。ヒゲとか雰囲気が出た気がする。

最後に今日吹いた箇所にクリアを吹いて終了。

赤ベースを吹く

エビ子供作品の赤色ベースを吹いた。

柄の配置などパソコンを使って進めつつ、確定している部分は色吹きを始めていく。
まずはマスキング。立体上の曲面なので手間がかかる。曲面に合わせてカットしたマスキングを曲げこみながら貼り付けていく。ラインが出たらあとはマスカーで白を残す部分を保護。レインコートみたいだ。

赤を吹いていく。エビ部は染め切らずに軽くピンク味を残しておく。ピンク味を残しつつムラっぽくしないのが難しい。エビ柄はあとから白を入れるので多少赤味が強いくらいで良いと思う。

塗膜が落ち着いたらマスキングを外す。はみ出しや汚れなど丁寧に落とす。

そしてクリア。アトリエなら大きな口径のガンでガツンと強いクリアが吹けるのだが、suanaはコンプレッサーや換気がエアブラシ用にセットしてあるので、高粘度、高圧の塗装が出来ない。なので低圧で低粘度塗料を薄膜で何層も吹く。

タラーんと艶が出てくれた。

まあ、このクリアは艶用ではなく、この先の塗装で赤のグラデーションが傷まないように保護の目的なので艶はどちらでも良いのだが、やはり艶があるとテンションは上がる。

エビの赤テスト、柄進める

昨日はエビ子供作品を進める。エビ部分の赤グラデーションがうまく出せるか、紙にテスト吹き。白、パールなどとの相性を試す。

平行して、塗装のシュミレーションも進める。前側はだんだん固まってきた。

ダルマポリッシング

今日はダルマを磨く。

コレを磨きます。

クリアの時点で艶は出ているんだけど、表面が平滑じゃないのでペーパーで平らにしていく。削り過ぎてはいけない。

で、番手を上げてからポリッシャー。以前、自立するように少し改造した。バフ部分を机に触れさせたく無いので、前はハンドルで立たせたりフックつけてズボンに掛けたりしていたんだけど、変な力がかかり、結構辛かった。自立する様になり作業が楽になった。

だいたい磨けた。

ついでに、チョコメルトダルマももう一度最終磨きを入れておく。

今日はここまでで終了。帰りのバイクは雨に降られた。